大学病院は看護師の憧れの職場です

透析看護師 → 透析看護師の転職先:大学病院

透析看護師の転職先:大学病院

大学病院は看護師の代表的な就業先のひとつです。大学病院には重症者や難病の方なども多くいます。 専門的な医療が施されるため、それらに対応できる知識や技術が必要になりますが、看護師としてレベルアップできることは言うまでもありません。
http://www.managair.org/index-9.html

また新薬の使用や最新の治療が施されるなど、医療の最先端を担うことができます。 ただ大学病院には研修医や若い看護師が多いので、経験年数によっては自身が指導的立場を担わなければならないこともあります。

大学病院の採用は、4月に行われることが多いです。 年度の途中での採用は少ないので、基本的には年に1回しかチャンスがないと思っておきましょう。

大学病院への就業を希望する場合は早めに採用時期や試験の時期、採用方法などを確認しておきます。 回数的なチャンスは年に1回と少ないものの、1回に数十人から100人くらい採用されることがあるので決してチャンスそのものが少ないわけではありません。

このように大学病院の採用は一度に多くの人が入職することもあり、研修制度が充実しているのも特徴です。研修制度は新卒の看護師にのみ行われるわけではなく、中途採用でも受けられます。

よって、転職による新しい就業先であっても、安心して仕事をすることができるでしょう。 一方で就職後も勉強会や新薬の説明会が多いため、大変ということもあります。

また採用時期の前に、説明会が行われるところもあります。 そこでは採用に関する説明だけでなく実際にその大学病院で働いている人の話が聞けたり、雰囲気を感じたりすることができるので、チャンスがあれば積極的に参加しましょう。

大学病院では様々な症例を扱い、最新の医療についても学ぶ機会が多くあります。 勉強会や残業が多いなど大変な面もありますが、看護師としてスキルアップできますし、その後の転職やキャリアアップのチャンスも多々あるのです。

給料は福利厚生の面でも優れていることが多いので、スキルアップしながら収入アップできるかもしれません。

看護師の就業先:中核病院

地域にとって身近でかつ、高度の医療も担うのが中核病院です。 大学病院に比べると専門性には欠けるものの、救急性の高い症例を扱ったり、より幅広い症例を扱うことが多くなります。

そのためそこで働く看護師の仕事も、より幅の広いものとなります。 また大学病院は研修医や若い看護師の経験を積む場でもあるため、採血や点滴などはそうした人たちが担当することが多いです。

しかし中核病院となればそうした業務はむしろ経験の豊富な看護師がやらなければなりません。 よって仕事内容としては非常に忙しいものとなります。

中核病院は診療科の多さも特徴です。多くの診療科を担当することで看護師としてのスキルアップが図れます。診療科の多さの魅力はそれだけではありません。

もしある診療科がどうしても合わなかったり、人間関係などで行き詰ったときに、退職ではなく異動と言う形で解決を図ることができます。退職や転職はそれなりにエネルギーがいることですから、同じ病院内での異動で解決できる可能性があるのは大変魅力的です。

給料や待遇はそれなりのものが期待できますが、各病院の経営状況や経営母体によって異なります。 公立病院に関してはこれまでは年功序列方式で、勤続年数が長いほど給料が高いという面がありました。

ただ最近ではそうした傾向が見直され、長期間の就業が給料アップにつながると一概には言えなくなっているようです。病院によっては基本給はそれほど高くなくても、手当や福利厚生が充実しているというところもあるので、表面的な給与だけで判断しないことも大切です。

何よりそこで積める経験が貴重なものになることは間違いありませんので、こだわらないという人はそれでも構いません。

中核病院の採用は施設によるので、希望する場合はその施設の採用情報に常に注意しておく必要があります。公立病院の場合は4月採用や10月採用などある程度まとめて採用することが多いようなので、採用時期の確認をしておきましょう。